いくつかの記事を削除しました

こんにちはトミーです

また更新頻度があいてしまいましたがめちゃめちゃ元気に生きてます

今回はタイトルにあるようにいくつかの記事を削除したので理由を説明しようと思うのですが経緯とどんな記事を削除したのかを全て書いてしまうのもどうかなって感じなのでかいつまんで書きます

(この記事もだめだったら教えて下さいそっと消します)

バイト先の人にこのブログ&twitterのアカウントが見つかった

twitterに書いたかもしれないのですが自分はトミーとして自分の知名度を高めることにメリットがあると思いこのブログやtwitterを運用しています

なのでまぁ隠していたのにバレたというよりかは見つかるべくして見つかったという認識です

(まぁ、バイト三日目くらいでこのアカウント◯◯さんですか?と聞かれたのには正直ビビりました)

どうやら台風の日のツイートでtwitterのアカウントが見つかりその流れでこのブログの存在にも気づいたそうです

どこの企業で働いているのかわかってしまうのはどうなの?

記事の削除の理由はこれです

アルバイト入社時に

うちに被害が被るようなことはSNS等で発信しちゃだめだよ(意訳)

(そもそもこういうことを言われましたっていうことすら公開してはいけない可能性があるのでここの文言のせいでこの記事を削除する可能性あり)

的なことを説明された気がするのでそこには留意して記事作成をしていたつもりなのですが、そもそも自分がどこで働いているのかを明言するのはどうなの?という話になりました。

自分のtwitter等が炎上やなにかのきっかけで多くの人の目に留まった時に、自分という一個人としての意見ではなく働いている企業としての意見と捉えられてしまう恐れがあるのであまりよろしくないのではないか

ということですね

 

 

該当する記事を削除したほうが良いとの忠告

なにか起きてからでは遅いから削除したほうがいいという忠告をしていただきました

まぁあの記事を一度公開した以上自分が炎上したときにはどこで働いていた働いているという情報はすぐに見つかってしまうとは思いますが

公開し続けることにメリットは一切なく脅威になりかねないのですぐに削除しました

一度社名を公開してしまっているのでもう今後はバイト関係の記事は書かないようにします。軽率に社名を出してしまって申し訳なかったです。

Re:ゼロから始めるボドゲ生活①

f:id:escapekousen:20191103042140p:plain

はいどうもトミーです

今さらリゼロを見たのでこんなタイトルにしてみました笑

高専に在学していたときはたっけん(卓上遊戯研究同好会)

takukendiary.hateblo.jp

という同好会でいろんなボドゲで日々遊んでいたのですが

いやぁ恵まれた環境でしたね

・遊ぶ場所が確保できている

・しかも無料

・声をかければ誰かが相手してくれる

・そこそこのゲームを所有していた

高専を辞め実家を出た今は

・カタンとコリドール以外持っていない

(二人暮らしなのでカタンは人が足りない)

・土日祝日が休みではないので遊びに行きづらい

・遊ぶ人がいない

・遊ぶ場所がない

はぁ~しんどい笑

ということで

また素晴らしいボドゲライフを送るために

・遊ぶボドゲ

・場所

・仲間

の3つを意識して環境を再構築していこうと思います

とりあえず次のゲムマとアマゾンを活用してボドゲは揃えていくので

誰か遊びましょ?

船橋周辺もしくは総武線沿線で遊べそうな方はお声掛け下さい!

 

 

11/2(土)まだ生きてます

21日ぶり?の更新です

ありがたいことに

「最近ブログ更新してないけど何してんの?元気?」

というLINEをちょくちょくもらいます

めちゃめちゃ元気です

ブログを更新していなかった理由は特にないんですけど

強いて言うならわざわざブログに書くような出来事がなかった

っていうことです

じゃあ逆にどんなことならブログに書くに値するんだって言われるとまた困りますが

モチベーション?の問題かもです

今日(2019年11月3日)はゲムマの打ち合わせに行ってきたり今月末にはゲムマがあったり楽しみなことがちょこちょこあるのでまたブログの更新を再開したいと思います

またよろしくおねがいします

 

 

【危険】アマゾンプライムビデオは絶対使うな

はいこんにちは

すげぇ釣りタイトルみたいな記事なのにこの記事を表示していただいて

ありがとうございます

 

上記の記事でamazonの犬になったと書いたのですが今回の記事では

アマゾンプライムビデオの危険性について書いていこうと思います

 

そもそもアマゾンプライムビデオってなんぞや 

アマゾンプライムビデオとはamazonが提供するVOD*1

 アマゾンプライムに加入すると対象作品を無料で見ることが出来ます

対象外の作品は300円前後で一定時間オンラインレンタルすることが出来ます

30日間の無料体験はこちらから

プライムビデオの4つの危険

さぁこの記事の本題です

アマゾンプライムビデオのどこが危険なのかを紹介していきます

(実体験からの個人的な意見だから公式さん許してね:D)

アニメが一気見出来る

自分は普段あまりアニメを見ないのですがたまに友人からのおすすめアニメを見たくなるときがあります

最近だと

「エウレカセブン」と「Re:ゼロから始める以下略」を見ました

どちらも対象作品なので無料で見ることが可能で

1話が終わると自動で次の話が始まります

このシステムがとっても危険です

夜中に見始めてしまうと次々と見進めていって気づいたら朝になっていたりします

睡眠不足まっしぐらで危ないです

DL出来るから外でも見れちゃう

25本までならダウンロードして見ることが出来るので

家などのWiFiに接続出来る環境で見たい作品を予めダウンロードしておけば

外出時に通信費を気にせずにいつでも作品を見ることが出来てしまいます

最近、仕事の休憩中にも映画を見るようにしたので電池の減りがとても早いです

なんて危険なんだ

対象外作品も安いからついレンタルしちゃう

ずるいんですよ

映画の1は対象で無料なのに2は対象外だったりするんですよ

最近見たやつだと、

「センター・オブ・ジ・アース」

は対象なのに

「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」

は対象外でレンタルに300円くらいかかるんですよ

いやぁ

1見たら2も見たくなっちゃうでしょ

300円くらいならまぁいいか

わざわざTUTAYA行くのもめんどくさいしな

ってなっちゃうんですよ

これは危ない

 

話はずれますが

「センター・オブ・ジ・アース」

はジュール・ヴェルヌの地底旅行という小説が原作で

某ねずみの国のアトラクションもこの小説をもとに作っているので

この映画を見た後にアトラクションに乗ると映画の世界に入り込んだ気分になれてまた新たな楽しさを味わえます

是非見てください!

そして2はラストのオチに向かってネモ船長が出てきたりと

海底2万マイルに乗ったことがある人ならテンション上がること間違いなしです

こっちも是非見て!!

映画好きならハマるラビリンス 

アマゾンプライムビデオを見始めて気になる作品を何本か見ると

「こんなんどう?オススメやで」

 と対象の作品を何本か推してきます

最初は全然系統の違う作品を推してくるので無視できるのですが

だんだん自分の趣味にあった作品を推してくるようになるので

気になってその作品を見てしまいます

その作品を見終わるとまた他の作品を推してきます

この繰り返しでオススメの精度がだんだん上がります

めっちゃ危険です

無限に見続けられます 

まとめ

一昔前のユーチューバーみたいなテイストでアマゾンプライムビデオの紹介記事を書いてみました。まとめとは書いたもののうまいことまとめられる気がしないので最後にリンクを貼って終わりにします。最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

30日間の無料体験はこちらから

文字数:1470

 

*1:動画定額配信サービス

コリドールを紹介する記事

こんにちはトミーです

今日は私が一番プレイしたボドゲを紹介しようと思います

 

一番プレイしたボドゲはコリドール(Quoridor)

私が一番プレイしたしたボドゲは「コリドール」です

同好会のメンバーや高専在学中に同じクラスだった方は知っていると思いますが

むちゃくちゃ大好きです

布教のためにコリドールを紹介しようと思います

コリドールってなんぞや

トミーの雑な紹介

・フランス産のボードゲームで同じアブストラクトというジャンルのゲーム。(アブストラクトはチェスや将棋のように運要素の絡まない戦略性の高いゲームのこと。)

・フランス産のゲームなので箱にはQuoridorと書いてあるのですが初見で読めた人にまだであったことがない笑

・お茶漬けのような扱いでゲーム会などみんなで集まってボドゲを遊ぶところでプレイされているのを見たことがほぼない

・一家に一つは欲しい

・無限に遊べる

まじめな情報

<対応人数>

2or4人

<プレイ時間>

10~20分

<作者>

ミルコ・マルケシ(フランス語: Mirko Marchesi)

<出版社>

 ギガミック

<ジャンル>

アブストラクト

 

 コリドールの遊び方

 ゲームの概要

 コマの移動と壁の設置によって相手より先にゴールに到達することを目指すゲーム

勝利条件

スタート位置の対面の一列にたどり着くこと

f:id:escapekousen:20190929045901p:plain

白プレイヤーのゴールを青で囲ってみた

ルール

各手番下記の二つから一つを選んで行えます

①コマの移動

前後左右の4方向のいずれかに1マス移動できます

壁を突き抜けるような移動はできません

f:id:escapekousen:20190929045356p:plain

白プレイヤーが手番で移動できる場所を紫の星で示した

 

②壁の設置

2マスを封鎖する形で設置することができます

相手の勝ち筋を完全になくしてしまうような設置はできません

f:id:escapekousen:20190929050339p:plain

こんな壁の設置はダメだよ

コマの移動の特殊処理

 特殊処理なんて言いましたがそんな難しいものじゃないです

①駒が隣り合ったらジャンプできます

f:id:escapekousen:20190929050609p:plain

白プレイヤーが移動できる場所を紫の星で示した

この場合は1手番で2マス分ゴールに近づけるのでお得

 

②ジャンプした先に壁があるような場合は斜めに移動

f:id:escapekousen:20190929051043p:plain

白プレイヤーが(略)

このゲームで唯一斜めに移動できるパターン

(高専の友人へ。このルールはついさっき知りました。インスト間違えてごめんよ)

サイト紹介

独断と偏見でコリドールといえばというサイトを紹介します

順番に意味はありません

Quoridor Fansite様

Quoridor Fansite

コリドールの非公式ファンサイトです。

記事中で使ったボードの画像はこのサイトのフリーボードを使いました。

 Quoridor(コリドール)考察wiki様

FrontPage - Quoridor(コリドール)考察wiki

名前の通りコリドールの考察をしているサイト

更新はしばらく止まっていますがすごい情報量なので是非見てみてください

一応貼らせてください

鬱陶しいとは思いますが一応amazonのリンクを貼らせてもらいます

amazonでコリドールをチェックする

Amazonでコリドールと検索するとサイズ違いで何種類か出てきますが

持ち運べるサイズのコリドールminiがおすすめです

(上記のリンクはコリドールminiです)

おまけ

 自分で言うのもなんですが今回の記事は結構自信があります

画像も入れたし目次も付けたし読みやすいはず!

この記事がコリドールの普及に少しでも貢献出来たら嬉しいです

最後まで読んで読んで頂きありがとうございます

また次の記事もよろしくお願いします

 

文字数:1435

Googleからのアクセスが増えた

こんにちはトミーです

なんかGoogleからのアクセスが急に増えたので急遽記事を書いてます

ちょいちょい話していますがGoogleからのアクセスが少ないことがちょっとした悩みだったので嬉しいですが何があったのでしょうか

 Googleからのアクセスが増えた

 とりあえずこのスクショをどうぞ

f:id:escapekousen:20190927061015p:plain

なんかGoogleからのアクセスが増えました

escapekousen.hateblo.jp

 この記事でも同じようなスクショを載せていてそのときはGoogleからのアクセスは8%でしたが15%まで上がっています

なにがあったんや

どんな記事が見られてるんや

Googleからのアクセスでどんな記事が読まれているのか気になったので調べてみました

こちらのスクショをどうぞ

f:id:escapekousen:20190927061719p:plain

 バンドルカードの記事が大人気( ゚Д゚)

Twitterからのアクセスは上手いことバラけていて団子状態になっているのですが何故かGoogleからのアクセスはバンドル記事が大人気

きっとこの記事のアクセスが上がったからGoogleからのアクセス数も増えたんだと思います(そんなにいい記事じゃないけどなぁ)

一応その記事も貼って置くのでまだ読んでなかったらお願いします

 

escapekousen.hateblo.jp

 なんて検索したら出てくるの

何度か記事でも紹介していますが

「高専中退日記」や「高専中退ブログ」

などと検索したらこのブログが出てくるのは知っていました

だってそもそも検索したときに表示される候補のサイトがかなり少ないですもん

けど、バンドルカードに関してはそこそこのサイトで紹介しているのを確認していたので不思議でしょうがないです

なんて検索したら上位に出てくるんやと思いしらべてみました

えー調べた結果ですが・・・

「バンドルカード広告うざい」

と検索するとかなり上位に表示されることがわかりました

あの広告そんなに嫌われてるんですね

なんか少し申し訳ないです

他には

「バンドルカード広告誰」

いや。知らないです

何故かこのワードで検索されたときも上位に表示されます

あの広告に出てくるタレントの名前が知りたくて検索したのに

よくわからないやつの変なブログにたどり着いたっていう方がいたら申し訳ないと思い名前を調べて追記しようと思ったのですがわからなかったので諦めましたごめんちゃい

 (YouTubeでバンドルカードの公式アカウントを見つけたのでそこから"オンラインゲームにバンドルカードで課金するぜ的なことを女性が言ってる広告"を再度見ようと思ったのですが公開されていなかったです(´;ω;`))

  さてはこれがSEO対策の効果か

 さてはこれがSEO対策の効果なのか!?と思いましたがSEO対策をしてGoogleからのアクセスが増える流れは

SEO対策をする→読者が読みやすい記事が増える→読者の満足度UP

→Googleからの評価UP→検索の上位に出やすくなる→大量アクセス

という感じなのでSEO対策をするよって言ったあの1記事がすごくSEO的に良かったとしてもそんなにすぐGoogleの評価につながるとは思えないので

SEO対策をしたことは関係なさそうです

ということは単純にバンドルカードがバズったのか?と思い調べたのですが別にそんなこともなさそう

うーんわからん

おまけ

このブログのアクセス元のメインがTwitterなので自分がTwitterをサボった日はすごくアクセス数が少なくなる傾向にあるのですが、1ツイートもしてないし記事の更新もしていないのにアクセス数がとても多かったので調べてみたらGoogleからのアクセスがとても多かったので記事をかいてみました。

書く前になんとなく

Googleからのアクセスが増えた→なんでや→バンドルカードの広告が炎上したのね

っていう流れを考えていたのですが実際に調べてみたら別に炎上してなかったのでなんかふわっとした感じになっちゃいました。

なんで炎上してないんだよなんて書いたら怒られちゃいそうなのでやめときます

最後まで読んでいただきありがとうございました

これからもたくさん記事を書いていくので応援よろしくお願いします

文字数:1700